情報を守るふち糊圧着

顧客情報を守るふち糊圧着

皆さんは、ふち糊圧着という言葉を知っていますか?よく郵便で届くDMで、のりでくっついているものがありますよね。それがふち糊圧着されたDMです。ふち糊圧着というのは、紙のふちを糊付けして圧着しているもののことを指し、主にDMやハガキなどに使われることが多いです。ではなぜ、DMなどではふち糊圧着が用いられることが多いのでしょうか?ふち糊圧着されたDMの場合、のりを剥がして広げると通常の数倍もの面積になりますよね。
つまり、普通のサイズで出すよりも広い面積に広告を書くことができ、その上、発送するときのサイズは通常のサイズになるので料金は通常サイズのものと同じなのです。さらに、内側が圧着されているため開くまで、中に書いてある情報を見られることが無く、個人情報の保護にもなります。
そのため、公共料金の振込用紙などにも利用される場合もあり、ふち糊圧着は様々な用途に使われています。このように、DM発送においてふち糊圧着はコストの削減になるだけでなく、顧客の情報も守るためとても重宝されているのです。皆さんも、DMを発送する場合はこの方がお得ですので、是非ともふち糊圧着のDMで発送してみて下さい。

圧着ハガキとは

皆さんは、圧着ハガキを見たことはありますか?圧着ハガキというのは、ふち糊圧着がされているハガキのことなのですがこのハガキは通常のハガキとは少し違う性質を持っています。今回はこの圧着ハガキについて書いていきたいと思います。圧着ハガキの一番の特徴といえば、接着面を剥がして広げることができるというところです。なぜ広げれるのかと言うと紙のふちがのり付けされて折り畳まれているため、手で引っ張ると剥がせるような形状になっているからです。
この圧着ハガキは一見、通常のハガキと同様のサイズに見えますが、接着面を剥がして広げることができるので、広げた場合には通常のハガキの数倍の面積のハガキになるというメリットがあります。送る時は通常のハガキと同じサイズのため料金は変わらず、コストパフォーマンスの高いハガキと言えます。
さらに手で剥がして中を見るという行為そのものが受けとった人の好奇心をくすぐり、開封率もアップするため広告としての効果も高いです。しかし、この圧着ハガキは湿気に弱く水に濡れてしまった場合は上手く剥がせなくなる場合もあります。そのため長期保存には向いていません。しかし、そのコストパフォーマンスの高さと利便性からDMなど様々なところで利用されています。