ふち糊圧着ハガキのストロングポイント

ふち糊圧着ハガキメリット

ふち糊圧着とは、ハガキなどの周りをのりで封印されているもので、封書扱いになるものをいいます。ほとんどの人が見たことがあると思います。このふち糊圧着DMはメリットがたくさんあり、情報を伝え、届けたい時に様々な所で活躍しています。ダイレクトメールのメリットは、普通のチラシなどと違い、中身をのりで見えないようになっているので、開けて見たくなる人間の心理を考えて作れられていると言われます。これで多くの人に手にとってもらえるようになりました。
チラシと比べるとコストが安く、印刷の数が多くなるほど安く抑えることができます。ふち糊圧着ハガキの送る側のメリットなどは、ふち糊でしっかりと見えないようにしているので、中身の個人情報などが第三者にみられないですみます。普通のハガキで送る情報には内容が限られていることが多く、文章を短くして送るのですが、ダイレクトメールは、情報を伝えやすく、しかも安いコストで使うことができるので多くの人が利用をしています。価格は、ふち糊圧着A4-4P、1万部で、1通88.9円になります。2000部以上のDMを送る時は、DMパックへ、広告郵便が利用できる2000部以上は法人にDM印刷、発送代行サービスになります。

ふち糊圧着のハガキのメリットとは?

ふち糊圧着のハガキは、ハガキのふちにのりを塗り閉じる物で、数ページあるハガキをまとめる時などに利用されます。ふち糊圧着ハガキは、掲載や記入する部分が多いというメリットが最大の特徴でもあり、片面4ページで両面合わせると、8ページが掲載枠として使えます。通常のハガキの場合、両面合わせて2ページなので、利用スペースの違いは大きくあって、封筒などに比べコストが低く済みコスト削減にも繋がります。
ふち糊圧着ハガキのメリットは、これら以外にもあり内側にプライバシー性の高い内容を記載すれば、外部から見られないという安全面も魅力の一つです。料金の請求明細などに、利用される事が多いふち糊圧着ハガキですが、最近では広告手段の一つとしても注目されています。理由としては、封筒などの場合に比べ閉じてある物をめくりたくなる心理が働く為、開封率が高くなるメリットがあります。
ふち糊圧着ハガキを作る場合、専門業者に依頼しますが取り扱いをする業者が多く、安さや技術力などを比較して選びやすい状況にあります。専門業者の場合、大抵郵便法に対応しているので、今迄のハガキや封筒によるDMよりも、大幅なコスト削減が可能となります。専門業者を選ぶ際には、ネット上のサイトなどにある業者情報などを見て、価格やサービス、評判などを比較して選ぶのがおすすめです。