しっかり考えたいデザインの話

圧着ハガキのデザイン

ふち糊圧着されたハガキを送る際に、気をつけたい点にハガキのデザインがあります。ふち糊圧着されたハガキは通称、圧着ハガキと呼ばれますがこの圧着ハガキは接着面を剥がすことで、通常のハガキの何倍もの大きさのハガキになります。これは、折り畳まれた部分をのりで圧着するような形状になっているからです。このように圧着ハガキは、通常のハガキとは違い複雑な形をしており、開いた時のデザインと開く前のデザインの両方を考えながらデザインしなければいけないので注意が必要になってきます。
圧着ハガキは多くの場合、広告として使われるのでデザインする場合も、広告として意識をしながらしなければいけません。ハガキを開く前は、どの部分が一番目立つ箇所なのか、ハガキを開いた後は、どの部分が表になりどの部分が裏になるのかをしっかりと理解し、一番目立つところに伝えたいメッセージなどがくるようにデザインしていくことになります。色使いも大切であり、企業のイメージや商品のイメージから離れすぎないように相手から信用されるような色使いを行わなければいけません。ハガキの表の部分と、剥がした内側の部分で色使いを変えるのも1つの手かもしれません。

ふち糊圧着のメリットとは?

ふち糊圧着はハガキなどに用いられ、より多くの情報を載せる際に利用される方法です。しかし、一般の方がこのふち糊圧着を利用することはほとんどないでしょう。このふち糊圧着を利用することのメリットとはどんなものがあるのでしょうか?ふち糊圧着はDMなどでも見かけることがあるように、V字型に折り曲げたハガキのふちを糊を付け圧着する方法です。
投函する際は郵便法により封書扱いとなってしまい、通常のハガキよりもコストが多少割高になってしまうデメリットがあるものの、それ以上のメリットが存在するのです。まず通常のハガキよりも遥かに情報量が多く、さらに印刷コストが同様の圧着ハガキの一種であるUVニス圧着よりも遥かに安くなります。さらに加工にかかる手間も少なく、さらに紙面をコーティングしないため影響が出にくいというメリットもあります。
特に圧着ハガキによるDMや封筒に書類を入れる形式のものと比べると遥かにふち糊圧着ハガキのほうがコストパフォーマンスが良いのです。大量にDMを作れば一通当たりのコストが何よりも響いてきますし、大量生産しない一般の方でもふち糊圧着ハガキならば作ることが出来ます。ふち糊圧着ハガキは、コスト面で非常に優秀という大きなメリットを持つ圧着ハガキだと言えるでしょう。