好奇心を刺激するふち糊圧着

ふち糊圧着のメリットって何?

日々、いろいろな葉書や封筒があなたのポストに入ってくると思いますが、中には、剥がして中身を見るタイプの葉書ってありますよね。あの葉書を使うメリットって何だかご存知でしょうか?ここでは、そのふち糊圧着を使った葉書のことをご紹介していきます。上記でも書きましたが、のりを剥がして見る葉書の加工法を、ふち糊圧着と呼びます。一度剥がしてしまえば元には戻らない葉書ですが、ふち糊圧着のメリットとは一体なんでしょうか?
【開封することへの興味】その葉書がどんな内容であれ、人間には隠されたものを見たくなる心理効果があります。このふち糊圧着はその効果を使って、送りたい人に情報を届ける確率を上げている訳です。
【情報量の多さ】普通の葉書では、表面と裏面にしか情報を載せられませんが、ふち糊圧着なら、2倍以上の情報量を掲載することが可能です。圧着の仕方しだいでは、8ページの葉書を作ることも出来ます。小さくまとめられるからこその利点ですね。
【コストの削減】封筒に比べると、その情報量は劣りますが、コストの面では断然ふち糊圧着の方が削減できます。さらに、封筒より工程も少なく押えることが出来ます。この点も、コスト削減に一役買っているのです。

DMを送るときに便利なふち糊圧着のサービス

企業がユーザーに向けてアプローチをかける上で取る方法にはさまざまなものがあります。ポケットティッシュを配る、CMを流す、ネットに広告を打つ。しかしこういったものは、人件費や広告費がかかってしまいますよね。その点、DMなら直接ユーザーに届けられますし、見てもらえる確率も上がります。
しかし、単に紙切れを送るだけでは、あまりインパクトがありません。そこで今回おすすめしたいのが、ふち糊で圧着されたDMの作成です。ふち糊圧着と言うと、ちょっとわかりにくいかも知れませんが、ペリペリと剥がせるようになっているチラシをどこかで手に取ったことが一度はあると思います。ああいったものは、ふち糊圧着の技術が使われています。
ふち糊圧着でDMを送るメリットにはいくつかありますが、まず挙げられるのが、「封筒を必要としない」という点です。チラシのフチをそのまま糊で圧着するのですから、チラシがそのままDMに早変わり、わざわざ封筒をチラシに入れるという手間が省けます。さらに、A4サイズのような大型のものであっても送れるので、情報を大量に詰め込むことが可能です。また、何よりもユーザーが開けるときに「何が書かれているんだろう?」というワクワク感を演出することができるので、興味をひく効果はかなりあります。こういったふち糊圧着のDMは専門業者がネットでビジネスをしていますので、興味のある方は調べてみてください。